VIO脱毛を受けたい、自信を持った自分でもっと色々楽しみたい。

けど、「なんだか、恥ずかしいな」と思って一歩踏み切れないあなたにVIO脱毛を受ける時の心構えを美容外科で働く看護師がお伝えしていきたいと思います。

VIO脱毛は恥ずかしい

VIO脱毛は恥ずかしい?

周りでVIO脱毛を受けている女性が年々増えているのですが、VIO脱毛が恥ずかしいと思ってなかなか、前に進めない女性もいますよね。

VIO脱毛とは、ハイジニーナ脱毛とも呼ばれ「ハイジーン」(衛生的)という語源から来ているんです。

つまりVIO脱毛をすることによってデリケートゾーンをキレイな環境に保つことができるんです。

VIOラインのムダ毛を処理することで生理中のムレやカユミ、ニオイなどを防げるだけではなく、彼氏や男性が喜んでくれる下着を身につけることができるようになるんです。

女性の内面を磨くことによって、美しく自信をもった自分になることができるんですよ。

ただ、VIO脱毛するのがちょっと恥ずかしいですよね。

すっごく、わかります。

だから、今回、私があなたがVIO脱毛することを後押ししていきたいと思います。

VIO脱毛の格好編

VIOライン

VIO脱毛前に気になる、VIO脱毛するときの格好についてお話していきます。

あまり他人には見せない下半身だけど、大切な人にはいつものように見せている下半身。

電気を消したって、男性はちゃんと見ているんですよね。

男性に「剛毛」「毛深い」「クンニしたくないなぁ」と思われないように、女子力アップしていきましょう。

Vラインを脱毛するときの格好は?

上の図のように、Vラインとは「足の付根あたり〜ヘソ下の毛」のことを指します。

ビキニラインとか、アンダーヘアとか言われたりもします。

Vラインの脱毛は、そんなにお客様が恥ずかしいと思ったりはしません。

Vラインを脱毛する時は、仰向けになって、軽く足をひらいて頂き、レーザーを照射していきます。

もちろん、Vラインは、デザインも可能ですし毛深いアンダーヘアを薄くしたりすることも出来ます。

パイパンにするのに抵抗がある人は、Vラインの際(キワ)や周りを整えるだけの人もいますね。

Iラインを脱毛するときの格好は?

Iラインとは上の図のように、女性器の上部から肛門にかけての部分を指します。

お客様が恥ずかしいと思うのはIラインの脱毛ですね。

Iラインを脱毛する時は、仰向けになって軽くあぐらをかくように片足ずつ開いて照射していく事になります。

Vラインと違って、Iラインはムレの原因になったり、生理中の経血が着くのでツルツルにしてしまう女性がほとんどです。

セックスするときに、彼氏や男性から見て自分が剛毛だったら恥ずかしいなと思って脱毛してしまう女性がほとんどです。

Oラインを脱毛するときの格好は?

Oラインは上の図のように肛門周りのことを指します。

お客様のなかでIラインと同様に恥ずかしいと思う部位ですね。

Oラインの脱毛する格好は、まずは、うつ伏せになります。

うつ伏せになって、片方のお尻をクッと開いて片方ずつ照射していきます。

Oラインも毛を残しておく理由が見当たらないので、永久脱毛してしまう女性がほとんどですね。

VIOラインで一番いらないIOライン

VIO脱毛の中で、もっとも要らない部位はどこかというと、IラインとOラインです。

Vラインもツルツルにしてしまう女性はまだまだ日本では少ないですが、IラインやOラインだけは、永久脱毛してしまっても良いです。

男性を意識した時に、IラインやOラインのムダ毛がない方が美しいです。

日本ではVラインを残しておいても、もともとアンダーヘアは毛があるものだという認識なので違和感がありません。

しかし、女性のIラインとOラインは毛が生えてないと思っている男性も多いのです。

丸見えはイヤ!VIO脱毛時は見られるの?

VIOラインを脱毛するときに恥ずかしい部位を見られるの?と疑問に思っている女性もいます。

結論からいうと、正直に言って見えてますよ。(ウソを言っても仕方ないので。)

そういうお客様のために医療レーザー脱毛が受けられるクリニックでは、恥ずかしいと思っているお客様のためにしっかりと配慮して紙ショーツを用意しているクリニックもあります。

アリシアクリニックの紙パンツ

他のサイトなどでは「紙ショーツを用意しているので、VIOラインは見られません!」と書いてあるサイトも見かけました。

しかし、それはウソです。ちゃんと見えているんですよ。

ただし、私達看護師からしてみれば何人ものお客様のVIO脱毛を毎日のように照射していますので、見てもなんとも思いません。

「女性器の形がどういう形だったか」とか「毛深いから引いてしまう」と思うことも一切ありません。

私達は無心になって、ピッ、ピッ、ピッ、ピッと医療レーザー脱毛を照射していくだけなのです。

男性の看護師さんや男性医師に見られることってありますか?

「男性の看護師さんや男性の医師に見られることはありますか?恥ずかしいです。」

と言われたことがあります。安心して下さい。

見られることはありません。

女性の脱毛の場合、男性看護師がレーザーを照射することはありません。

また、レーザー照射してヤケドしていないかということを医師が安全のためにチェックするのですが、VIOラインの場合、男性ドクターが照射チェックすることはありません。

いくら医療機関といえども、医療脱毛くらいで女性のデリケートゾーンを見ることはありません。

こんな恥ずかしい不安ありませんか?

VIO脱毛が恥ずかしい

他にもVIO脱毛を受けるにあたって、脱毛中の不安もお持ちなのではないでしょうか?

「照射している最中にオリモノで濡れてしまったらどうしよう、臭ってしまったらどうしよう、毛深いと思われたらどうしよう」

と考えすぎの方もいるかもしれませんので、順番に解説していきたいと思います。

アソコからおりものが…

「私、濡れやすい体質で…」っていうお客様も中にはいます。

クリニックでVIO脱毛中に、オリモノで濡れてきてしまったらどうしようと思っている方もいるかもしれません。

安心して下さい。

VIO脱毛は痛いので、アソコが濡れるどころか、冷や汗で背中がビッショリになる人もいるくらいです。

また、生理現象でもあるので必要以上に気にする必要はありませんよ。

アソコのニオイが…

ムレたりしてアソコのニオイが臭くないか不安な女性も多いのではないでしょうか?

結論からいうとあまり気になりませんよ。

医療レーザー脱毛を受けたことがある女性なら分かって頂けるかもしれませんが、レーザーでムダ毛を照射していくと、毛が一瞬で焼けるんですね。

そうすると、焦げ臭いニオイがするので気になりません。

不安な方は、VIO脱毛を照射する前にお手洗いで、ウェットティッシュなどで拭いてからクリニックに入ると良いですよ。

ただし、ニオイを気にしすぎて中まで拭く必要はありません。イメージで言うと、大陰唇と小陰唇の周りを優しく拭いておくと大丈夫ですね。

Iラインが毛深い…恥ずかしい!

「私はアンダーヘアが毛深すぎて、見られるのが恥ずかしいです!」という女性もいるでしょう。

しかし、看護師側としては毛深いからといってなんとも思いません。

本当に何にも思わないんです。安心して下さい。

毛深いからこそ、自分のコンプレックスを克服しに来て欲しいと私は思います。

「毛深いから、自信がないから、セックスすることが出来ない」と思っている女性もいるんです。

私は人生を楽しむためにもVIO脱毛を受けていただきたいと思っています。

安心して下さい!VIO脱毛が恥ずかしいのは最初だけ。

はっきり言います!

恥ずかしいのは最初だけです。

一度、自分の中でVIO脱毛の要領を掴んで慣れてしまえば、2回目以降はなんとも思わなくなるでしょう。

そういう女性がほとんどなのです。

それよりも、

「1回目のレーザー脱毛がすごい効果で、毛が生えてくるスピードが遅くなりました。また、お願いします。」

「1回のレーザー照射でここまで効果を実感するなんてびっくりしました。次のVIO脱毛が待ち遠しいです。」

と目に見えて効果を実感してくださる女性が大半なんです。

恥ずかしいと思うのは1回目だけですよ。

彼氏や男性にどう思われるか考えると恥ずかしい

彼氏に「パイパンにして」と頼まれてVIO脱毛しに来る女性や「あそこの毛、結構濃いね!」って彼氏に言われてVIO脱毛しに来る女性もいます。

あなたも一緒だと思うのですが、彼氏や男性を喜ばしてあげたいと思いますよね。

私、個人的な意見ですが、毛深い女性よりも毛が薄い女性の方が男性は好きです。

自分が剛毛だから彼氏にどう思われているんだろう?と思うのはもったいないです。

気持ちよさも半減です。今この瞬間を楽しむことも出来ませんよね。そんな人生、もったいないです。

気持ち良いセックスを思いっきりやりたい女性には是非、VIO脱毛を受けてもらいたいですね。

銭湯やお風呂でアンダーヘアがないって恥ずかしくない?

そうは言っても、パイパンだと銭湯や大浴場に行くのが恥ずかしいと思う人もいますよね。

そんな女性は、Vライン(ビキニライン)をデザインし残して、IラインやOラインを永久脱毛してしまうのがおすすめです。

私も大江戸温泉などのスーパー銭湯が大好きで友達と良く行くのですが、少なからず、VIO脱毛を受けているであろう人はいますね。

じっくり見たことはありませんが。

ただ、パイパンにしてしまうと不自然だと思う女性は、アンダーヘアの形を整える脱毛をすれば良いかなと思います。

ショーツや水着でハミ毛してるほうが100倍恥ずかしい!

脱毛で自信を取り戻す

そろそろ、まとめに入っていきます。

私は、VIO脱毛を受ける恥ずかしさよりも、ショーツや水着からアンダーヘアがはみ出る方が100倍、恥ずかしいと思うのです。

「アンダーヘアがはみ出るからカワイイ下着は諦める」という選択をしてしまっていたら人生損しているんじゃないかなって思います。

また、「カワイイ下着やティーバックが履きたくても毛がはみ出て余計恥ずかしい」と思うのももったいないです。

今では、医療脱毛でもVIO脱毛はすごく安くなっています。勇気を持って一歩踏み出し、自信をもって、毎日を過ごして欲しいと思います。

是非、医療脱毛が受けられるおすすめのクリニックを見てみてくださいね。

おすすめクリニックはここ!医療脱毛はコレで決まり!

剛毛女子オススメクリニック

湘南美容外科クリニック
  • 業界でも低価格
  • 脇脱毛:3,400円(無制限)
  • 全身脱毛6回:430,000円程度(全部位)
  • VIO脱毛6回:60,000円程度(全範囲)
  • 場所:全国46院(札幌〜沖縄まで)
  • 営業時間:10:00〜19:00

▼湘南美容外科クリニック公式サイトはコチラ▼

剛毛女子の逆襲
アリシアクリニック
  •  業界でも低価格
  • 全身脱毛5回:330,000円(全部位)
  • VIO脱毛5回:61,900円(全範囲)
  • 場所:新宿(2院)・池袋・上野・表参道・銀座・横浜・船橋・大宮
  • 営業時間:11:00〜22:30

▼アリシアクリニック公式サイトはコチラ▼

剛毛女子の逆襲
リゼクリニック
  • 料金は普通
  • 全身脱毛5回:397,000円(全身+VIO+顔)
  • VIO脱毛5回:98,800円(前範囲)
  • 場所:新宿・横浜・名古屋・四日市・大阪梅田・三宮・京都・広島・天神・札幌・新潟
  • 営業時間:10:00〜21:00(※20時の時もあり)

▼リゼクリニック公式サイトはコチラ▼

剛毛女子の逆襲
渋クリ
  • 料金は普通
  • 全身脱毛5回:250,000円(※顔・うなじ・首・胸部・腹部・VIOライン除く)
  • VIO脱毛5回:95,000円(全範囲)
  • 場所:渋谷・新宿・池袋・横浜
  • 営業時間:10:00〜20:00 

▼渋谷美容外科クリニック公式サイトはコチラ▼

剛毛女子の逆襲
フェミークリニック
  •  全身脱毛(※vioライン・うなじ・フェイスを除く)5回:350,000円
  • VIO脱毛5回:98,000円
  • 脇脱毛5回:15,000円
  • 場所:新宿・池袋・渋谷・銀座/梅田・心斎橋
  • 営業時間:月〜土:11:00〜20:00/日・祝:11:00〜19:00

▼フェミークリニック公式サイトはコチラ▼

剛毛女子の逆襲

最後までご覧頂き、誠にありがとうございました。

他にも、医療脱毛について色々な情報をお伝えしているので、興味がありましたら、他の記事も読んでいってくださいね。